2012年10月01日

環境税

 地球温暖化対策として「原油・石油」「ガス状炭化水素」「石炭」の3項目に課税する環境税が今日から導入された。税収は、エネルギ−対策特別会計として、太陽光エネルギー等の普及や石油などのエネルギー開発に充てられる。
 税率は今後、段階的に引き上げられるが、電力会社やガス会社は料金への上乗せや、企業が燃料費の増加による物流コストの増加などを製品やサービスの価格に上乗せすることが予想され、平成28年度には平均的な世帯の負担増は、年間約1200円になると見込まれている。
 税制改正大綱によると、環境税は「税制による地球温暖化対策を強化するとともに、エネルギー起源CO2排出抑制のための諸施策を実施していく観点から」導入するという。
 一般的に環境税を導入することは、どうすれば二酸化炭素排出量を削減し、かつ、経済的なメリットも享受できるか、ということを常に考えさせてくれるとされている。エネルギーを使えば使うほど、大きなコストがかかる→ なるべくエネルギーを使わなくてすむように、仕組みや機械を変えようとする人や会社が増える→なるべくエネルギーを使わない商品や仕組みをつくり、販売する。目指すはこんな循環だろう。ただ、これには環境税だけではなく、他の政策とのあわせ技が不可欠だろう。
posted by 川口啓介 at 23:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。